東京商品取引所売買端末システム

システム概要

当システムの概要

当システムはディーリング部門に使っていただくシステムですので、
全体的な速度も当然ですが、操作数を極力削減することによる操作
のスピードアップを体感していただけるシステムとなっております。

システム特徴

操作数の削減

当社システムは最小限度の操作でトレードすることを主眼に作られ
ておりますので、例えば最も使用頻度の高い執行条件であるLO/FAS
に関しては板画面からワンクリックで発注可能です。

個別設定可能なリスク管理

各板画面毎に一回の発注枚数・最高限度枚数を設定できますので、
限月の流動性や会社方針によってきめ細かな設定が可能です。この
機能により、誤発注リスクを極力下げることができます。

マルチディスプレイ可能

最近のパソコンはマルチディスプレイに対応している機種も多く、
画面を広く使うことが主流となってきております。当システムでも
マルチウィンドウ形式ですので、広い画面を有効活用できます。

多彩なショートカット

操作性の向上を図るために、当社システムではファンクションキー
等によるショートカットキーを多く設定しております。これにより
一括取消等の発注処理を一操作で完了することが可能です。

集中管理

ミドルウェアによる集中管理

当社システムは、ミドルウェアによりログインからログアウトまで
取引所接続ユーザー(取引所に対するもの)の一括管理をしており
ます。これによって、取引所側の制限である10秒200件という
送信制限を複数ユーザーへと振り分け(ロードバランス)て送信と
いう手法で回避しております。