OMnet APIライブラリの特徴

・OMnetAPIライブラリには、約20の関数と460の構造体が定義されている。

・これらの構造体は、慣れるまで開発者には理解が難しく、全て理解するには約1、200ページを超えるマニュアルを読まなければならない。

・OMnet API独自のVIM構造体は、C,C++に熟練した開発者でも理解が難しい。

 

OMx構造体GUI操作ツールを使用する利点

・目に見えないデータのやり取りをGUIインターフェースで表示することにより、OMnetAPIに精通しなくても送受信データのイメージが理解しやすい。

・プログラムのバグかデータが問題なのか切り分けができるため開発効率のアップが図れる。

・開発を行う際に「プログラミング→コンパイル→OMnet ログイン→デバック→プログラミング→・・」の作業が頻繁に発生すると考えられる。

 この為、データの送受信を確認するだけでもOMnetログインに時間がかかる為5分以上の作業が発生するが、OMx構造体GUIツールを使用することによりコンパイルや再度OMnetにログインする時間が省け、データの送受信結果を確認しながらの開発効率が格段にアップする。

・データを入力・変更して何度でも送信が行えるため、送信データや受信データの確認などが容易にできる。

・送受信データがGUIインターフェースで表示されるため、トラブル発生時に確認ツールとして使用できる。

 

システム構成図

system

・取引所接続サーバ

取引所システムとの接続をOMxプロトコルを用いて接続するサーバ(貴社設置)

・アプリケーション

OMx構造体GUI操作ツールは取引所接続サーバに単独でインストール。貴社アプリケーションと同居の形となる。

 

画面イメージ

画面イメージ

 

OMx構造体GUI操作ツールのご案内(pdf ファイル容量 1658KB)

 

adobe